お得情報満載ポータルサイト

通販の窓口

その他

プロパンガス料金の真実と実態|10秒で診断して乗り換える方法とは

更新日:

【知らなきゃ損するLPガス(プロパンガス)料金の真実と実態】

2016年、電力が小売り自由化になり、2017年、都市ガスも全面小売り自由化になりました。

では、都市ガスとは違うLPガス(プロパンガス)料金はどうなるのでしょうか。

実はLPガス(プロパンガス)の小売り自由化は20年以上前から始まっていたのです。

20年以上前からLPガス(プロパンガス)供給事業者が自由に、その販売価格を決めていたのです。これが真実です。

まずは、あなたにこの真実と実態を知ってもらうことが一番大切なことなのです。

【この真実を知ってしまったあなたは、「だったら、もっと安くなってもいいんじゃないの?」と思われたことでしょう】

2016年にはじまった電力の小売り自由化のことはご存知のことと思われます。その後、あまり期間は経っていませんが、これまでお世話になっていた電力会社以外の会社から「電力をうちから買いませんか」という売り込みが、少なくとも1社もしくは複数の会社からあったりしませんでしたか?自由化になったことで新規事業者が電力事業に参入したためです。既に契約を他の会社に変えられた方も大勢いらっしゃるかもわかりません。その理由は市場に競争原理が働き、電気代がこれまでより安く設定されたためですよね。

じゃあ、どうして早くからはじまっていたLPガス(プロパンガス)の小売り自由化では競争原理が働かなかったのでしょうか?

それは、LPガス(プロパンガス)事業は単にLPガス(プロパンガス)を供給すればいいという単純な事業ではなかったからです。メンテナンスや専門性の高い対応が求められるため、電力自由化とは違い簡単に参入できるビジネスモデルではないということです。

参入する事業者がいないのに、価格を見直す必要があると思いますか?ないですよね。これが実態です。

これまでどうりの価格で販売しても、横やりをいれられる心配もないので、安くするなんてこと考えなくてよかったんです。

 

 ≪詳細はこちらの公式サイト≫
プロパンガス料金をどこよりも安く!【ガス屋の窓口】

【プロパンガスの価格はこうして決定されている】

LPガス(プロパンガス)料金は多くの場合①基本料金と②LPガス(プロパンガス)の使用量に応じて決まる従量料金を足す2部料金制です。

①基本料金とはLPガス(プロパンガス)の供給設備・点検・保安等の費用でLPガス(プロパンガス)を使用してもしなくても請求される料金です。
②従量料金とは使用した分に応じて課金される費用で、使用量によって請求される料金も変わります。

では、LPガス(プロパンガス)自体の価格ですが、下記の構成で決められています。

(1)LPガス(プロパンガス)そのものの価格

(2)輸入元売りの費用(内航運賃・石油ガス税・管理費・保安費用・設備費用等)

(3)卸売り費用(人件費・配送費用・充填所費用・管理費用等)

(4)人件費・減価償却費・保安費用・集金・検針費用等)

(1)から(4)までの費用がかかります。

それに加えて各LPガス(プロパンガス)会社が利益と費用を乗せて価格が設定されます。

LPガス(プロパンガス)料金は仕入れ価格以外にいろんな要因が加わるため一律ではありません。

その要因とは

各LPガス(プロパンガス)会社の事業規模による価格差
小さい会社が高くて、大手が安いというものではありません。

LPガス(プロパンガス)を供給する地域性
LPガス(プロパンガス)の使用量が多いと割安に、少ないと割高になる傾向があります。LPガスの価格の全国平均で13,285円 一番高いのは北海道16,686円 一番安いのは神奈川県11,978円
販売量が多いのは神奈川県・千葉県 少ないのは鳥取県となっています。

各LPガス(プロパンガス)会社が供給するサービス内容
LPガス(プロパンガス)を利用する機器等によって契約内容が違ってきます。

 

このようにLPガス(プロパンガス)の料金は一律ではなく、様々な要因によって料金が決定されます。おまけに、料金は販売者の自由なのですから、全てが適正な価格で供給されているか調べてみないとわからないんです。調べられた方の中には月の支払いが3,000~5,000円近く下がったケースもあるんですよ!

LPガス(プロパンガス)は販売会社によっては暴利ともいえる販売価格で提供されているケースがあります。

是非、ご自身で確認され、これを機に販売会社を見直されることをおすすめします。では、見直す方法をご説明しますね。超がつくくらい簡単にわかるんですよ!

【LPガス(プロパンガス)料金をチェックして販売会社を見直す一番簡単で安心できる方法とは】

どうやってLPガス(プロパンガス)料金が安い・高い・適正なのかをチェックすればいいの!?

今の価格が高いのか適正なのかを調べてみましょう。LPガス(プロパンガス)自動料金診断を利用すれば、簡単に調べることができるんです。LPガス(プロパンガス)の検針票(請求書)を用意して、「現在のガスの使用量」と「請求金額」を入力するだけです。もしも、あなたの支払っているLPガス(プロパンガス)料金が高ければ、どれくらいの料金の削減が可能かも診断してくれます。たった10秒でチェックして見直せます!

 

LPガス(プロパンガス)供給会社を変更したくても、どうやったらいいかわからない!?

一切の費用がかからず、地域最安値の供給会社を紹介してもらえます。もちろん、紹介するだけではなく必要な情報を伝えるだけで、変更に関わる必要な書面の用意、現在利用しているLPガス(プロパンガス)供給業者への解約連絡、新会社への変更手続き、交渉まで全て無料で代行してもらえます。あなたはのすることは、切り替え工事の完了を待つだけです。

 

長年契約していた会社と契約を止めてしまうのは、やはり不安ですよね。そんな不安にも対応してくれます。

供給事業者を変更した後に料金が値上げされるというトラブルなどの事例が国民生活センターにも報告されているようです。そんな不当な値上げがないように独自に料金保証および料金監視のサポートをしてくれます。もちろん無料です。
LPガス(プロパンガス)会社変更後に永久に不当な値上げをやめさせることができる「料金監視保証」
他社では保証できない正当な値上げであっても差額を返金する「返金保証」
これらの2つの保証のサポートがあるので安心できます。

 

対象エリア

埼玉県・神奈川県・千葉県・東京都・茨城県・群馬県・栃木県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県・福岡県・宮城県・岡山県
随時拡大しています。

 

もしも安くなるんなら今すぐ見直してみましょう!毎月1,000円でも年間12,000円です。一般家庭で年間50,000円以上安くなったということもあります。あとでしようなんて思わずに、簡単にできるので今すぐチェックしてみてくださいね。

 

 ≪詳細はこちらの公式サイト≫

-その他
-, ,

Copyright© 通販の窓口 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.